Ubuntu 19.04 のインストール & 設定

UEFI

セキュアブートは off にしておく。

Ubuntu のインストール

パーティション

手動で設定した。 1GB の EFI のパーティションを作り、残りは ext4 にして / にマウントした。 /home は以前から使っているディスクをそのままマウントした。

設定

apt-cacher-ng

apt install apt-cacher-ng

/home/cache-apt-cacher-ng に apt-cacher-ng のキャッシュを保存して使ってきたので

ln -s /home/cache-apt-cacher-ng /var/cache/apt-cacher-ng

でシンボリックリンクを張った。

sources.list

/etc/apt/sources.list の

# deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ disco-updates main restricted

のようなコメントアウトされている deb-src の行を有効にした。

# deb http://archive.canonical.com/ubuntu disco partner

も有効にした。

ソフトウェアのインストール

必要なソフトウェアをインストールした。 ruby、python、julia は rbenv などでコンパイルするので build-dep で必要そうなパッケージをインストールした。

apt install language-pack-ja openbox obmenu obconf tint2 compton xfce4-power-manager fcitx-mozc gnome-keyring volumeicon-alsa nitrogen hsetroot blueman pcmanfm lxrandr lxappearance "numix*" libxinerama-dev libxrandr-dev libxdo-dev rofi xclip lv zsh net-tools vim emacs25 migemo-el tmux terminator curl tsocks rar ripgrep silversearcher-ag wmctrl xcompmgr r-base libopenblas-dev gnuplot maxima-emacs pngtools gif2png pngcheck pngcrush pngquant build-essential automake cmake texlive texlive-lang-cjk texlive-luatex texlive-science texlive-bibtex-extra latex-cjk-all latexmk latexdiff gimp gimp-help-ja inkscape vlc imagej qiv geeqie mcomix gnucash aspell conky fcitx-mozc "fonts-takao*" "fonts-ipa*" fonts-vlgothic fonts-dejavu fonts-ricty-diminished jabref "evince*" git git-svn mercurial gcc llvm clang libsqlite3-dev libgsl-dev libgmp3-dev libmpfr-dev libmpc-dev libglc-dev libmpfi-dev freeglut3-dev libopenmpi-dev libgl2ps-dev libmagickwand-dev libyaml-dev libssl-dev libffi-dev liblzma-dev libleveldb-dev libfftw3-dev libargtable2-dev bison libbison-dev libgdbm-dev valgrind gscan2pdf libtiff-tools djvulibre-bin djview pdftk-java jpeginfo pdf2djvu global exuberant-ctags eblook lookup-el eb-utils openssh-server sshfs unison encfs wakeonlan flashplugin-installer ubuntu-restricted-extras chromium-browser chromium-browser-l10n virtualbox virtualbox-guest-additions-iso virtualbox-ext-pack ethtool xsel xdotool thunderbird-locale-ja pavucontrol
apt build-dep ruby-defaults python-defaults julia r-base

Julia のインストール

jlenv を使用して Julia をインストールした。

git clone https://github.com/HiroakiMikami/jlenv.git ~/.jlenv
git clone https://github.com/HiroakiMikami/julia-build.git "$(jlenv root)"/plugins/julia-build

として jlenv をダウンロードする。~/.zshrc に

if [ -d $HOME/.jlenv ]; then # jlenv
    export JLENV_ROOT=$HOME/.jlenv
    export PATH=$JLENV_ROOT/bin:$PATH
    eval "$(jlenv init -)"
fi

を加えた。

apt build-dep julia llvm-6.0

でパッケージをインストールし

pyenv shell 2.7.13

としてから

jlenv install v1.1.0

とするとうまくコンパイルできた。

apt build-dep llvm-6.0

が必要だったのかは不明。

Wake on LAN

マザーボードは GIGABYTE B450 AORUS M なのだが BIOS で 「Fast Boot」を「Ultra Fast」にして「NetWork Stack Driver Support」を「Enabled」にした。

ethtool eno1

とすると

Wake-on: g

となっていて問題なさそうなのだが、このままだと WOL が上手く動かなかった。

ethtool -s eno1 wol g

とする必要があった。 おそらく Network Manager が原因となっているのではないかと思う。 Network Manager の設定で「Ethernet」のところにある「Wake on LAN」のところで 「デフォルト」がチェックされていたものを変更し「Magic」にチェックを入れる。 これで、Wake on LAN が動くようになった。

参考

Tags of current page

, , ,