git status 使い方

変更されたファイルの一覧を表示する

ワークツリーとインデックス、インデックスと HEAD の間の変更点を表示する。

git status

簡潔に変更されたファイルの一覧を表示する

「-s」オプションで short-format になる。

git status -s

このとき、ステータスコードは 2 文字で表示される。 1文字目はインデックスのステータス、 2文字目はワークツリーのステータスを表す。

意味は

’ ’
変更されていない
M
変更されている
A
追加されている
D
削除されている
R
ファイル名が変更されている
C
コピーされている
U
マージされていないが更新されている
?
追跡されていない

また、short-format 表記でブランチ名を表示するには「-b」オプションを加える。

git status -s -b

git status で追跡されていないファイルの表示を変更する

git status

git status -unormal

と同じで、追跡されていないファイルは表示されるが、 追跡されていないディレクトリに含まれている個々のファイルは表示されない。

git status -uall

とするとディレクトリの中の個々のファイルも表示する。

また、「-u」に「no」を指定すると追跡されていないファイルをまったく表示しなくなる。

git status -uno

参考

  • man git-status

Tags of current page