Redmi Note 4 (Nikel) に multi language の MIUI をインストール

結局、Redmi Note 4 (Nikel) に一番、安定していそうな multi language の MIUI をインストールした。 http://transitive.info/2017/07/18/install-epic-rom-redmi-note-4-nikel/ でブートローダーのアンロックと TWRP のインストールはすでに行ってある。 インストールしたロムの MIUI バージョンは「MIPU by xaomi.eu 8.5 | Stable 8.5.2.0(MBFCNED)」。

ダウンロード

https://forum.xda-developers.com/redmi-note-4/development/list-redmi-note-4-mtk-roms-upgrade-t3636600 のリンクから xiaomi.eu_multi_HMNote4_V8.5.2.0.MBFCNED_v8-6.0.zip をダウンロードした。 また、root を取得するために UPDATE-SuperSU-v2.76-20160630161323.zip をダウンロードした。

インストール

TWRP からダウンロードした xiaomi.eu_multi_HMNote4_V8.5.2.0.MBFCNED_v8-6.0.zip と UPDATE-SuperSU-v2.76-20160630161323.zip をインストールする。

MicroSD カードにファイルを書き込む

「Amaze file manager」などで外部ストレージとして 利用している MicroSD カードにファイルを書き込もうとしたら、 「SDカードのルートディレクトリを設定しろ」というようなメッセージが出て、 書き込みできなかった。 設定の指示が出ているのだが、デフォルトでは指示通りに指定できなかった。

まず、「設定」「アプリ」「すべて」から、「Documents」を有効にする必要があった。 その後は、指示に従って SD カードのルートディレクトリを指定すればよい。

ナビゲーションボタンの入れ替え

SSHDroid をインストールして SSH でアクセスして作業を行った。

Xperia Z に合わせて、ナビゲーションボタンを入れ替える。 /system/usr/keylayout/Generic.kl を編集するので、 このファイルを適当なディレクトリにコピーする。

編集するためには、まず、rw でマウントし直す必要がある。

mount -o remount,rw /dev/block/platform/mtk-msdc.0/11230000.msdc0/by-name/system /system

とする。 /system/usr/keylayout/Generic.kl の

key 127   MENU
...
key 139   MENU VIRTUAL
...
key 158   BACK VIRTUAL

となっている部分を

key 127   BACK
...
key 139   BACK VIRTUAL
...
key 158   MENU VIRTUAL

と編集し、再起動する。

Tags of current page

,