Ubuntu 20.10 のインストール & 設定

LIFEBOOK UH-X/E3 でのデュアルブートのための準備

  • 念のため、USB メモリに回復ドライブを作る。
  • コントロールパネルで「デバイスの暗号化」の「オフにする」を選択する。
  • F2 を押しながら起動し、UEFI で セキュアブートを無効にする (virtualbox-dkms のインストールを楽に行うため)。
  • Ubuntu のインストール用に Windows でパーティションを縮小しておく。

Ubuntu 20.10 のインストール

USB メモリからインストールした。その後に、必要なパッケージをインストールした。

apt install language-pack-ja openbox obconf tint2 compton xfce4-power-manager fcitx-mozc gnome-keyring volumeicon-alsa nitrogen hsetroot blueman pcmanfm lxrandr lxappearance "numix*" rofi xclip lv zsh net-tools vim emacs migemo-el tmux terminator curl bison tsocks rar ripgrep silversearcher-ag trash-cli wmctrl xcompmgr gnuplot maxima-emacs pngtools pngcheck pngcrush pngquant build-essential automake cmake texlive texlive-lang-cjk texlive-luatex texlive-science texlive-bibtex-extra latex-cjk-all latexmk latexdiff gimp gimp-help-ja inkscape vlc imagej qiv geeqie mcomix gnucash aspell conky fcitx-mozc "fonts-takao*" "fonts-ipa*" fonts-vlgothic fonts-dejavu fonts-ricty-diminished jabref "evince*" git git-svn mercurial gcc llvm clang libxinerama-dev libxrandr-dev libxmu-dev libxdo-dev libopenblas-dev libsqlite3-dev libgsl-dev libgmp3-dev libmpfr-dev libmpc-dev libglc-dev libmpfi-dev freeglut3-dev libopenmpi-dev libgl2ps-dev libmagickwand-dev libyaml-dev libssl-dev libcurl4-openssl-dev libffi-dev libgdbm-dev liblzma-dev libleveldb-dev libfftw3-dev libargtable2-dev libreadline-devvalgrind gscan2pdf libtiff-tools djvulibre-bin djview pdftk-java jpeginfo pdf2djvu global exuberant-ctags eblook lookup-el eb-utils openssh-server sshfs unison encfs wakeonlan ubuntu-restricted-extras chromium-browser chromium-browser-l10n virtualbox virtualbox-guest-additions-iso virtualbox-ext-pack

Wake on Lan

Network Manager の GUI で有効にすればよいのだが、CUI で行う必要があった。

sudo nmcli c modify "有線接続 1" 802-3-ethernet.wake-on-lan magic

とすればよい。

LIFEBOOK UH-X/E3 の タッチパッド

Ubuntu 20.10 をインストール後はタッチパッドが動かなかった。

modprobe i2c-hid

を実行すると動くようになった。 /etc/modules に

i2c-hid

と書く。 タップを有効にするためには

xinput

でタッチパッドを調べて ([touchpad] のところに xinput で調べた文字列を入れる)

xinput set-prop "[touchpad] Touchpad" "libinput Tapping Enabled" 1

を実行した。

LIFEBOOK UH-X/E3 の SD カードリーダ

lspci

を確認すると O2 Micro のカードリーダだったので https://blog.zgock-lab.net/2019/02/02/o2-sdcard/ のようにカーネルパラメータに設定を加えておいた。

/etc/default/grub の

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash"

の部分にオプションを追加して

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash sdhci.debug_quirks2=\"0x4\""

として

update-grub

とした。

無線 LAN アダプタ Archer T2U Nano

Ubuntu 20.10 ではドライバのインストールが必要だった。 https://github.com/aircrack-ng/rtl8812au rtl8812au-5.6.4.2.zip をダウンロードして USB メモリで移し

unzip rtl8812au-5.6.4.2.zip
cd rtl8812au-5.6.4.2
make dkms_install
reboot

とした。 dkms なので、あらかじめ

apt install dkms

としておく必要があったはず。

ASUS TUF GAMING B550-PLUS の有線 LAN

ドライバをインストールする必要があった。 USB の LAN アダプタを使って https://github.com/awesometic/realtek-r8125-dkms/releases/download/9.004.01-1/realtek-r8125-dkms_9.004.01-1_amd64.deb をダウンロードして

dpkg -i realtek-r8125-dkms_9.004.01-1_amd64.deb

とした。

ブートマネージャ

Windows の後に Ubuntu をインストールするとブートマネージャは Grub になる。 デフォルトでは Ubuntu が起動するので、Windows を起動するには Grub で Windows を選択することになる。 デフォルトを変えるには /etc/default/grub の GRUB_DEFAULT に数字か文字列を指定すれば良い。

Grub を経由せずに Windows Boot Manager を起動するには UEFI で設定できた。 Grub を削除する方法はよくわからなかった。

参考

Tags of current page

, , ,